2020-09-14から1日間の記事一覧

流浪の月 凪良ゆう著(2020年本屋大賞)

実に面白かった。 最初の数ページを読んだだけで引き込まれていく。流石、本屋大賞受賞作と思いました。 主人公の「彼」と「彼女」は、世間からは誘拐事件の犯人と被害者とされていましたが、真実は別にありました。 実際の被害者は、晩御飯はアイスクリーム…